鬼あし講談:土方歳三&ご隠居、が歴史観光RUN
(2011年6月)

2011年6月30日 (木) 第三幕 土方歳三と春日の局がランデビュー
癸隠娃押,官5錙鬼あし一門会
 さあ、着いたよ。ここが新宿末広亭だ。今は六月下席で、夜席の主任が小三治師匠だから、昼席から陣取る熱烈なファンがいるよ。正午の昼席開演から、午後9時過ぎの夜席のトリまで、延々と9時間あまりも寄席漬け、まあ、寄席好きの人には、何でもない事だが、好きな飲食物を持参して入らないと、間が持てないよ。さあ、木戸銭払って、入場だ!

2011年6月29日 (水) 第三幕 土方歳三と春日の局がランデビュー
癸隠娃院―嫺の局!大奥女走会
 命の水かぁ、いい事を云うね、さすが、新撰組の鬼副長だ。あたしが千代田城に乗り込んだ時は、水がまずかったねぇ。なんでも、今の溜池辺りにあった池の水を汲んでた、ってんだから。そんな水じゃ、若君の竹千代様が安心して飲めない、ってんで、井の頭の弁天池まで、わざわざ、水を汲みに行かせて、美味しかったわよ、神田上水の水源さ。

2011年6月26日 (日) 第三幕 土方歳三と春日の局がランデビュー
癸隠娃魁‥敲歳三!歳の鬼あし
 さあさあ、四ツ谷の大木戸を通り過ぎて、左手に玉川上水が流れてるぜ。ここから、42km先の羽村が上水の取り入れ口、今から、ざっと360年前に完成した上水だが、今でも、上流部分は共用されてる、って息の長い土木構造物さ。まあ、春日の局様を初め、江戸城に住む人は、皆、この上水のお世話になってる、江戸っ子の原点となる命の水さ。

2011年6月22日 (水) 第三幕 土方歳三と春日の局がランデビュー
癸隠娃押,官5錙鬼あし一門会
 そうだよ、この辺り、四ツ谷見付は、尾根伝いに進む甲州街道の途中ある四ツ谷山の頂上で、まあ、江戸時代なら、ここから東の方向を望むと、江戸前の海が見張らせた処さ。それと、地名の通り、この頂上から四方に四つの谷筋が延びていた、まあ、見たままの地形を地名にした、って訳さ。で、その一本、千鳥が淵に伸びる谷筋が江戸城まで続いてる。

2011年6月21日 (火) 第三幕 土方歳三と春日の局がランデビュー
癸隠娃院―嫺の局!大奥女走会
 わぁ、楽しそうね。あたしも、大奥を定年退職して、今じゃ、あたしの名前に因んで、春日って云われている処に住んだけど、御城の郭内から出た江戸の町ってのは、楽しい処よねぇ。って云ってる内に、ご隠居さん、そろそろ麹町を抜けて、四谷見附だよ。この辺りは、ちょっとした岡の頂上で、見晴らしが良い処なの。内藤新宿が見えるじゃないの。

2011年6月20日 (月) 第三幕 土方歳三と春日の局がランデビュー
癸隠娃魁‥敲歳三!歳の鬼あし
 おっと、良いねぇ、落語はあっしも好きだよ。江戸で薬屋行商してる頃は、よく、寄席見物に通ったもんさ。あの、龍馬も寄席は好きだった。どうして、好きなんだ?って尋ねたら、江戸弁の稽古になるし、第一、江戸情緒は、粋に野暮ってぇ作法が分る。だから、へへ、江戸の娘に持てるようになる、ってね、あの龍馬は根っからの女好き、だったねぇ。

2011年6月18日 (土) 第三幕 土方歳三と春日の局がランデビュー
癸隠娃押,官5錙鬼あし一門会
 おいおい、春日の局さん、落語見物かい。まあ、良いだろうよ。ここは皇居の本丸だから、新宿御苑まで、ゆっくり走って、近くの銭湯で一風呂浴びて、それから三丁目に出て、軽く飯でも喰ってから、末広亭に入るとするか、どうだい、局さんよ。ええ!入る前に、ちょいと一杯やりたい、ってえ、しょうがねえなぁ、良いよ、良いよ、じゃ、決まったよ。

2011年6月17日 (金) 第三幕 土方歳三と春日の局がランデビュー
癸隠娃院―嫺の局!大奥女走会
 その、ラクゴってのが、あたしゃ分らないねえ、一体何よ。ええ!面白い噺、落とし噺だって、う〜ん、ピンと来ないねえ。ねえ、ご隠居、観光ランニングも良いけど、そのラクゴってのを、あたしにも味わせてくれない、いいの、お金のことは心配ないから、ねえ、土方歳三さんも誘って、お酒にお抓みを買い込んで、ラクゴ見物と洒落込もうよぅ。

2011年6月16日 (木) 第三幕 土方歳三と春日の局がランデビュー
癸隠苅亜‥敲歳三!歳の鬼あし
 そうか、平河天満宮は、江戸城の本丸、梅林坂の坂上にあった平河天神が引っ越して来た、さすが観光ランニングの元祖、鬼あしのご隠居だ、よくご存知だ。あっしも、薬箱を担いで、平河天満宮の周りを行商して歩いたけど、天満宮の裏手、甲州街道に上って行く坂が貝坂でね、ご隠居の好きな江戸落語は“文七元結”の元結さんが繁盛してた処だよ。

2011年6月15日 (水) 第三幕 土方歳三と春日の局がランデビュー
癸隠械后,官5錙鬼あし一門会
 そうなんだ、お江さんの旦那の二代将軍秀忠さんが、元和の江戸城天下普請の時、道潅さんが作った江戸城本丸じゃ狭い、ってんで、拡張し、おまけに、二の丸も作ったんだ。そん時に、そこにあっちゃぁ、邪魔だ!ってんで、道潅さんが勧進した梅林坂上の平川天神社は、今の平河町に追いやられた。もっとも、格が上がって、天満宮になったけどね。

2011年6月14日 (火) 第三幕 土方歳三と春日の局がランデビュー
癸隠械検―嫺の局!大奥女走会
 へえ、天神濠を知ってるんだ、ご隠居は。まあ、あたしが、はるばる京から、生まれたばかりの家光の乳母に決まって、江戸城に入った頃は、江戸城の拡張工事、天下普請と云ってたけど、の真っ最中で、今の本丸周りの石垣や濠が、どんどん出来上がって、毎日、普請の進み具合を見るのが楽しみだったわ。その内、梅林坂の天満宮が引越したのさ。

2011年6月13日 (月) 第三幕 土方歳三と春日の局がランデビュー
癸隠械掘‥敲歳三!歳の鬼あし
 そうか、太田道潅って云えば、今は最高裁判所の裏手にある平河天満宮は、元々、今の毎日新聞社辺りにあった平川村の社だった。それを、道潅さんは自分が築いた古江戸城の場内、今の皇居東御苑の二の丸から本丸に上がる梅林坂の坂上に、持ってきて、京の北野天満宮から天神様を勧進した、ってんだ。だから、今でも、天神濠が残ってるだろ。

2011年6月12日 (日) 第三幕 土方歳三と春日の局がランデビュー
癸隠械供,官5錙鬼あし一門会
 まあ、この二の丸辺りを、その昔は東海古道が通っていた。でね、太田道潅が築いた江戸城、ってのは、今の本丸辺りで、甲州街道が通ってる尾根筋が西から東に延びてきて、プツンと切れて岬になって、日比谷入り江に落ち込んでいた処さ。二つの川が、日比谷入り江に注いでて、ほら、今でも有名な平将門の首塚が、ある処で、大昔から人が住んでた。

2011年6月11日 (土) 第三幕 土方歳三と春日の局がランデビュー
癸隠械機―嫺の局!大奥女走会
 そうだねえ、この時期の花、ってぇと、あやめ菖蒲かきつばた、と紫陽花なんだけど、紫陽花は見た目がボテっとしてて好きにゃならないけど、歳三さんも云ったように、背筋をシャンとして、気高く咲いている花菖蒲は、日本女性の真骨頂を垣間見るようで、好きだねえ。そんな事で、二の丸の菖蒲池に着いたけど、うっとりするような花菖蒲だねえ。

2011年6月10日 (金) 第三幕 土方歳三と春日の局がランデビュー
癸隠械粥‥敲歳三!歳の鬼あし
 又、馬鹿な事を云ってるよ、ご隠居は。処で、入梅の頃、この江戸城は二の丸の庭園にある菖蒲池は、花菖蒲、あやめ、かきつばた、が百花繚乱ってぇ盛りだねえ。あたしゃ、梅雨時の薄暗い中で、濃い紫のくっきりとした菖蒲が、背筋をピンっと張って、さあ、どこからでもご覧よ!って啖呵を切って咲いてるのが好きだねぇ、ええ?お局さんよ。

2011年6月9日 (木) 第三幕 土方歳三と春日の局がランデビュー
癸隠械魁,官5錙鬼あし一門会
 そう、鬼あし一門会のお客様は、ハトバスとかキンツリ、JTBが集めてるうっとうしい爺ぃ婆ぁじゃない、ピタっと足首が引き締まった、小股の切れ上がった粋なランナーさんたちさ、まあ、春日のツボちゃんも、これから、鬼あし観光ランニングをご贔屓にすりゃぁ〜、随分と足首が締まって、ついでに内股も締まる、濡れる、良い女になるよぉ。

2011年6月8日 (水) 第三幕 土方歳三と春日の局がランデビュー
癸隠械押―嫺の局!大奥女走会
 そうよねえ、ハトバスとかキンツリ、JTBが江戸市中で、ヤドカリ姿の爺婆を集めちゃ、うだつの上がらないガイドが引き連れて、観光ツァーをやってるけど、あれねえ、傍から見てると、本当に、げんなりするわよね。それに比べると、鬼あしのご隠居が先導するのは、スキっと引き締まった足首、まあ、小股の切れ上がったランナーさん、だもんね。

2011年6月7日 (火) 第三幕 土方歳三と春日の局がランデビュー
癸隠械院‥敲歳三!歳の鬼あし
 そりゃぁ、司馬さんに悪いよ、市民ランナーじゃないから、足を使って走る、って事がどう云う事か、まるで分っちゃぁいない、単なる、古本を漁って、ああだこうだ、と難癖つける机上の徒さ、まあ、小説の舞台を一回ぐらいはガイドさんに連れられて、歩き回るけど、鬼あしのご隠居みたいに、ランナーを引っ張っての歴史ガイドはしちゃぁいねえ。

2011年6月6日 (月) 第三幕 土方歳三と春日の局がランデビュー
癸隠械亜,官5錙鬼あし一門会
 まま、局さんは黙って、この「足らざるを足す行為」ってのが、鬼あし!歳三、の始まりだと、ご隠居は思ってる。あの、司馬遼太郎さんが“燃えよ剣”で、歳お鬼あし、ってのを紹介してるけど、その解釈は、司馬さんにしたぁ、あまりにも、熟慮の足りない、寸足らずな結果なんだが、ご隠居は、鬼あしの“あし”は“足す”事の、足だと、思うよ。

2011年6月5日 (日) 第三幕 土方歳三と春日の局がランデビュー
癸隠横后―嫺の局!大奥女走会
 へえ、メリケンの水夫、ってのは異人の事かい?なら、あたしも会って話した事があったよ。何でも、地球って大きな地面の反対側、確か、ヨーロパンとか云った、文明の進んだ処の、イスパニア、スペインなんて名前の国の青い目をした背の高い、人たちだったなぁ。あたしゃ、あんな毛深い男には、何の色気も感じなかったけど、持てた、って噂だよ。

2011年6月4日 (土) 第三幕 土方歳三と春日の局がランデビュー
癸隠横検‥敲歳三!歳の鬼あし
 まあ、ご隠居が云った、義とは「足らざるを足す行為」、これを、あっしに教えてくれたのが、何と、開港したての神奈川に来てた、メリケンの水夫たちさ、とにかく、荒くれ、無頼、無教養、まあ、あっしは最初、江戸で屯してる無宿人と同じ人種かと思ったが、石田散薬を買ってくれるから、お客様さ。そんな、最中にボランティアって、のを知ったさ。

2011年6月3日 (金) 第三幕 土方歳三と春日の局がランデビュー
癸隠横掘,官5錙鬼あし一門会
 そう、局さまの云う通り、勇は分るが、義は分りにくい、各云うご隠居も、義とは何のこっちゃ分らなかったけど、20数年前に、永六輔さんがラジオでボランティアを語って、義勇と絡めた説明をしてたんだ。その時に、義とは「足らざるを足す行為」って云ってね、例えば、義足、義手とは足や手が不自由な人に、その足らざるを足すように為すモノだぜ。

2011年6月2日 (木) 第三幕 土方歳三と春日の局がランデビュー
癸隠横供―嫺の局!大奥女走会
 えっ!ギユウって、義勇の事、つまり、「義を見てせざるは 勇なきなり」、って教えよね。でもね、あたしも、この言葉は知ってるよ、でも、勇は何となく分るんだけど、義ってのが、ひち面倒臭いのよ、まあ、大奥にも賢いのがいて、義って何かい?って訪ねると、一時ばかり、説明するのがいるけど、結局は、その説明聞いても分らないのよねぇ。

2011年6月1日 (水) 第三幕 土方歳三と春日の局がランデビュー
癸隠横機‥敲歳三!歳の鬼あし
 まあまあ、そう馬鹿にしなさんな。確かに、あっしは、女の腐ったような男になる、そんな時が多々あった。こいつは、生まれながらの性分、まあ、今で云うと、先祖伝来のDNAの性なんだが、でもな、あっしは、子供の頃から、こんな性分を恥だと感じて、男らしい男になるよう、苦心惨憺、努力を重ねたもんさ。それで、義勇って事を知ったのさ。