土方歳三と樋口一葉が艶姿“鬼あし”プロジェクト
(2010年2月)

2010年2月28日 (日) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸苅毅院〆仍亜鬼あし一門会
 またまた、危なっかっしい、秘薬だなんて、考えすぎだよ、鬼あしのご隠居、良いかい、彦根藩は琵琶湖の周り、近江の国を差配する大名家だ、でね、近江の国は、昔から、近江商人って云う、日本を代表する商い人が輩出した処で、天秤棒を担いだ近江商人が全国各地を行商して回った、当然、あっしのような薬の行商人も、近江の商人を尊敬、崇拝するわさ。

2010年2月27日 (土) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸苅毅亜ヽС據鬼あし一門会
 け!土方歳三が将軍家とか日本国とか、までは考えちゃいなかった、まあ、井伊直弼が、歳三の目の前で消えた、でね。彦根藩のご料地にある伊吹山は、織田信長が手塩にかけた薬草園があって、昔から薬屋のご本尊さ。だからってんで、土方歳三さんは、薬の行商中にちょくちょく、彦根藩邸に、ご厄介になっていた。彦根藩邸でしか、手に入らない、秘薬の基があったのさ。

2010年2月26日 (金) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸苅苅后^賤奸鬼あし一門会
 まあ、土方歳三さんが、どんな訳で、雪が三尺積もる桃の節句の日の、寒い朝に、何をわざわざ好き好んで、総登城の大名行列を見に行ったのか、野暮な事は、聞かないけどさ、幕末きっての大事件は、井伊大老の暗殺を、目の当たりに見たのぉ。それで、浮かんだ句が、“ふりながら きゆる雪あり 上巳こそ”かぁ、きゆる雪は、井伊家か徳川将軍家か、はたまた、日本国か、って訳ね。

2010年2月25日 (木) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸苅苅検〆仍亜鬼あし一門会
 そうさ、偶然って云うか、あの暗殺集団とは、前日から袖振り合う縁、実は品川宿の土蔵相模、まあ、宿屋って云うより岡場所なんだが、そこで、連中が大騒ぎしてるのを、目にしてね、危なっかしい奴らだ!と思ってたら、夜が明けて、江戸市中に入る高輪の大木戸でも、鉢合わせさ。雪が三尺ほど積もってて、歩きにくかった。その後、連中とは別れたんだが、又、外濠に架かる新の橋で、出会ってね、そこから、桜田門まで、一緒の道筋、って訳さ。

2010年2月24日 (水) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸苅苅掘ヽС據鬼あし一門会
 そう、万延元年の3月3日に、井伊直弼は運が尽きたけど、土方歳三さんには、運が満ちて来た、この事件の後から、鬼あし!歳三が上げ潮に乗るのさ。まあ、それまでの、土方歳三って云やあ、単なる、多摩のバラガキ、小商いの薬屋さ。それが、あの上巳の日は、桜田門外で、登城する大名行列を見物する酔狂な野次馬だった。そして、歳三さんの目の前で、大老の暗殺が実行された、って按配さ。

2010年2月23日 (火) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸苅苅供^賤奸鬼あし一門会
 そう、良い事は長くは続かない。続くのは悪いことばかり、でもさ、この井伊直弼って大老は、生まれてこの方、ず〜と、部屋住みの身で、日陰者として暮らして、まあ、運が良くて、健康だったお陰で、井伊家を継いだ、その挙句が幕府の大老になって、何でもかんでも、したい放題の権力を持ったのが、結局は、運の尽きだったのね。

2010年2月22日 (月) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸苅苅機〆仍亜鬼あし一門会
 まあね、ペリーがやって来て、にわかに剣術ブームが沸き起こってさ、侍を始め、町人までもが、入門した道場で竹刀を振り回し始めた。となると、打ち身、挫き、擦り傷と云った生傷が負う怪我人が増えて、痛み止めの薬が、飛ぶように売れた。あっしの売ってた石田散薬も、おかげさまで、大繁盛さ。まあ、良い事は、長くは続けねえがね。

2010年2月20日 (土) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸苅苅粥ヽС據鬼あし一門会
 そう、横浜の居留地に来ていた異人に、その国の偉人の噺を聞いている内に、まあ、どこの国もそうだが、いくさ、戦争に勝った奴が偉人になる、って歴史的な法則を、この土方歳三さんは、見つけたのさ。それと、戦争の中で負傷した兵の救急救護を、聞き出して、戦場で役に立つ薬、そんな薬を仕入れた、って訳さ。それも、只みたいな値段でね。

2010年2月19日 (金) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸苅苅魁^賤奸鬼あし一門会
 珍しい事と云ったって、どうせ、呑む、打つ、買う、の男道楽の噺なんでしょ?ええ!違う、そうじゃない、って、お国自慢に、歌自慢の噺、なんだい、それは、歴史と偉人の噺だって、ぇ、だったら、土方歳三さんは、日の本の国は日本の歴史に偉人の噺を、異人さんに、喋って、向こうの国の歴史に異人の噺を聞き出した、ってぇの。

2010年2月18日 (木) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸苅苅押〆仍亜鬼あし一門会
 居留地ねぇ、あっしが二十代の半ばだったよ、噂の井伊大老が、メリケンに脅かされて、5ヶ国と通商条約を結び、この近くじゃ、横浜の沖合いを埋め立て、湊と居留地を、大慌てで作ったさ。そん頃は、剣術と同じように薬売りにも、励んでいたのさ。でもって、西洋の進んだ薬を仕入れて、なんとか、今まで以上に稼ごうと、企んで、でかけて云ったよ、横浜くんだりに、まあ、いろいろ、珍しい事があったね。

2010年2月17日 (水) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸苅苅院ヽС據鬼あし一門会
 へへ、そうかい、井伊大老と売れない小説家は似ている、か、まあ、参加者が集まらないランニング行事を開催する主催者も似たようなモンだな。しかし、今年の2月は寒いや、小雪が舞い散るし、あたしゃ、最近、ず〜と、鼻が詰まって、仕方がないよ。で、噺を元に戻すけど、土方歳三さんが覗きに云った外国人居留地ってのは、どんな按配だった。

2010年2月16日 (火) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸苅苅亜^賤奸鬼あし一門会
 まあね、彦根の井伊様も水戸の徳川様も、とにかく、屁理屈の多い侍が多かった。なまじっか、徳川将軍家に取って、重要な役割の大名家だから、260年も、天下泰平に胡坐を掻いて、やる事と云えば、将軍家へのおべっかと、他家の揚げ足取り、上手になるのは屁理屈ぐらいよね、まあ、この点は、売れない小説家と似ているけどさ。

2010年2月14日 (日) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸苅械后〆仍亜鬼あし一門会
 その土佐藩江戸中屋敷には、薬屋稼業の時、何度も押しかけて、良い商いになったよ、で、屋敷の周りの築地川に架かってた合引橋って粋な名前の橋を渡ると、彦根藩井伊様の蔵屋敷があった処さ。まあ、当時の江戸じゃ、理屈っぽくて、野暮な侍って云うと、彦根と水戸だった。まあ、理屈の質は違ってたようだが、大体が、理屈の多い奴らは、酒癖が悪い。その代表が芹澤の鴨さん。挙句の果てに、彦根と水戸が大喧嘩になったのさ。

2010年2月13日 (土) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸苅械検ヽС據鬼あし一門会
 そこさ、子供でも分る事が分らない、そんな大人の男が、ここは一番、日本の国に肝心要だ!ってぇ時に、政治の采配を振るうのが、残念ながら、日本史の教訓さ。まあ、国民が、平和ボケした時ほど、行儀だけとおべっかに長けた、色好みな大根役者が、幅を聞かす渡世なのさ。で、その居留地の新遊郭ができた敷地の真横に、龍馬伝の龍馬が厄介になってた土佐藩の江戸中屋敷があったって訳さ。

2010年2月12日 (金) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸苅械掘^賤奸鬼あし一門会
 ああ、懐かしいわね、築地の外国人居留地、あたしも子供の頃、内幸町の長屋から、本願寺さまに、お参りに行った時、寄り道道草して、通った事がある。何か、異国情緒、ハイカラな雰囲気で、胸がワクワクしたものさ。で、何て、その居留地に外国人専用の遊郭があったの、でもさ、あそこに住んでた人に、遊郭は必要ないわよ。そんな子供でも分る事を、天下の大老だった井伊直弼さんが、ち〜とも知らなかった、っての、馬鹿ね〜。

2010年2月11日 (木) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸苅械供〆仍亜鬼あし一門会
へえ、さすがに、鬼あし一門会のご隠居さんだ、よく、新島原遊郭をご存知で、これはね、一葉さん、今の中央区は新富町のあたりに出来た、外国人専用の遊郭で、営業開始は明治元年ってぇ事で、あっしらが、鳥羽伏見で負けて帰ってから、できた事を知った。まあ、官軍の近代戦闘法に、こてんぱんに負けて帰った後だから、西洋の近代文明を知るためにも、築地にできた外国人居留地に、のこのこ足を運んださ。

2010年2月10日 (水) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸苅械機ヽС據鬼あし一門会
 へえ!一葉が井伊大老の悪口を云う、そこまで、あん人は江戸っ子に嫌われてた、って事か。まあ、確かに、大老にはなったが、やった事が子供の悪戯、それも特別、悪ガキの悪ふざけさ、今で云う、国家の戦略、政略なんてセンスはまるで持っちゃあいない。そのくせ、色好きなもんだから、開国してやってくる、西洋人の男を、どんな遊郭で、遊ばすか、そればっかり考えてて、あげくの果てに、造ったよ、西洋人向けの新島原遊郭をさ。

2010年2月8日 (月) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸苅械粥^賤奸鬼あし一門会
 そう、あの井伊直弼って大老は碌な男じゃない、って、あれぐらい江戸っ子から評判の悪かった男はいない!だって、大馬鹿で色キチなんだもの、ただ、田舎の名門武士の子で、行儀とおべっか、だけは上手、世の中の先を見る、なんて芸は、まったくなし、まあ、世の中の変わり目に、ヒョイって出てくる、嫌われ役、専門の三文大根役者さ。

2010年2月7日 (日) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸苅械魁〆仍亜鬼あし一門会
 そうさ、思い出すねぇ、とにかく、井伊直弼が大老になってから、世の中、ちっとも良い事がなかった。まあ、落ち着いた世の中なら、行儀が良くて、学問が出来て、家柄が良い、それだけで、政を司る役目は務まるが、あの時代、黒船が来て、300年の泰平の、おっべか渡世を打ち破った、そんな時にゃ、今までの常識ってぇのに、捕われないオリジナリティを討ち出せる輩が、世の中を引っ張って行くのさ。

2010年2月6日 (土) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸苅械押ヽС據鬼あし一門会
 “ふりながら きゆる雪あり 上巳こそ”、まあ、今の人には上巳ってのが、何の事か分らないだろうが、要は、桃の節句のひな祭りの事さ、で、いつのひな祭りか、って云うと、1860年は万延元年よ、日本史でお馴染みの、桜田門外の変が起こった、てんだ。まあ、そん頃の土方歳三さんは、試衛館の食客になって1年目、はっきり云って、剣の道を極める、のは横に置いといて、近藤さんを助けて、試衛館の経営を補佐してた、って頃さ。

2010年2月4日 (木) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸苅械院^賤奸鬼あし一門会
 あ〜あ、またまた、土方歳三さんの横浜居留地の自慢噺が始めるの、もう、止めてよ、あのデイビー・クロケットやテキサスの一番星なら、聞き飽きたわよ。それよりも、ねえねえ、ここんとこ、めっきり冷え込んで来て、今年は東京にも雪が降ったし、土方歳三さんの下手の句の中じゃ、一葉が好きな、“ふりながら きゆる雪あり 上巳こそ”、の詠み心を教えてよ。

2010年2月3日 (水) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸苅械亜〆仍亜鬼あし一門会
 そう、鬼は海の向こうからやって来る。まあ、ペリーの黒船の前は、日本海からアジアンの鬼が来たが、太平洋の向こうからやって来た青い目の黒鬼は、そりゃ、怖かった。もう、刀一本じゃ、とうてい、適っこない、戦いにならない、って素直に感じたさ。でね、和親条約から通商条約に切り替わって、横浜に居留地ができた、てんで飛んで行ったさ、あっしのインチキな薬が売れるかどうか、そいつを確かめたかってね。

2010年2月2日 (火) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸苅横后ヽС據鬼あし一門会
 嫌だねえ、一葉さん、朱に交われば赤くなる、ってか、あんたも、あたしや土方歳三さんと、長い間の問わず語りを続けている間、すっかり、色気が増して、ほら、歳三さんも笑ってらぁ、まあ、日本ってぇ国は、聖徳太子様の世から、ほどほど、と、話し合い、この二つで持ちつ、持たれつ、なあなあ、ばかりを繰り返した。ただ、ここ一番、海の向こうから、今まで見たこともないような鬼さんが、やってくると、鬼あし!歳三が出番なのさ。

2010年2月1日 (月) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸苅横検^賤奸鬼あし一門会
 そう、世の中には、程ってモンがある、それを、程々に扱うか、程が過ぎるか、程が足らないか、この程のさじ加減を扱うのが、大衆文学なのよ、まあ、云っちゃあ何だけど、一葉が小説で描いたのが、人の世のホド、ところがどっこい、土方歳三さんが、下手な俳句で詠んだのが、一夜のホト、分ってるよねえ、鬼あしのご隠居。