土方歳三と樋口一葉が艶姿“鬼あし”プロジェクト
(2009年7月)

2009年7月31日 (金) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸横沓掘^賤奸鬼あし一門会 
 そうね、情けの報せ、情けを報せる、のは、まあ、女だから、何となくは分かるけどさぁ、情けの報い、情けに報いる、ってなると、こいつぁ、一筋縄には行かない、面倒臭そうね世界だねぇ。それに、情報って、英語じゃ、Infomationでしょ!町によくある、インフォメイション・センターに、情けってぇのは、影が薄いようだけど。

2009年7月29日 (水) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸横沓供〆仍亜鬼あし一門会
 え!鬼あしのご隠居、ドイツ語の情報、ってのは、女があの最中に気をやった時に、口から出た言葉かい、ふ〜ん、なるほどね、それを耳にした森鴎外さんは、とっさに、情事、情交、情愛の情けに、報せと報いの報を、組み合わせて、情報を編み出した、ってぇ訳か。考えてみると、こいつぁ、怖い言葉だぜ、一葉さんよ、情けの報いって、分かるかい。

2009年7月27日 (月) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸横沓機ヽС據鬼あし一門会
 ったく、一葉さんも、よく云うよな、まあ、あたしは金髪は抱いた事がないから、戦争論の翻訳が頭を過ぎる事はないが、鬼あし一門会が開催する行事の事は、片時も頭から離れない、で、恐らく、鴎外さんも、ドイツ女を相手に、得意のドイツ語で、「婦る池や 交わす飛び込む 蜜の音」なんて、やらかしていた、そん時だろう、翻訳に難儀していた、Nach Richt、を相手の女が歓喜の最中に発したさ、分かるよな、土方歳三さん!

2009年7月26日 (日) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸横沓粥^賤奸鬼あし一門会
 まあ、土方歳三さんは、官軍相手の本物の戦争で、身を持って、その参謀の三機能、偵察、作戦、兵站の重要さ、を実感したんだろうけど、あの、女誑しの鴎外さんじゃ、戦争は戦争でも、その戦場は床の上、ベッドの上、恐らく、金髪のドイツの女を抱いている最中に、陸軍参謀本部から頼まれていた、戦争論の翻訳が、頭を過ぎった、って訳さ。

2009年7月25日 (土) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸横沓魁〆仍亜鬼あし一門会
 さあね、確かに情報ってえ言葉にゃ、文学の香りが漂ってる、もっとも、あっしは、この言葉を耳にした事は、今までなかったけどさ、あっしが、幕府のフランス陸軍顧問団から習った、近代戦等術の中じゃ、参謀の役割、なんてぇのは、あんなり重要だ!とは云ってなかった、でもさ、あっしは、鳥羽伏見の経験から、偵察、作戦、兵站の参謀に必須な三機能の重要さを身に滲みてたんだ!

2009年7月24日 (金) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸横沓押ヽС據鬼あし一門会
 そうか、一葉さんが、鴎外さんをちゃんちゃら可笑しいか、まあ、鴎外さんは、一葉さんより十歳上、正岡子規さんとは、顔を合わせちゃいるが、どうも、一葉さんとは、なじみが薄い、って云うか、疎遠だったよな。でもさ、クラウゼヴィッツの戦争論の中に出てきた“Nach Richt”を、情報と翻訳した、実に文学的な翻訳さ、この舞台裏には、かなり色っぽい噺が、絡んじゃいなさるぜ、なあ、土方歳三さんよ。

2009年7月23日 (木) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸横沓院^賤奸鬼あし一門会 
 まあ、聞いた噺だけど、その“Nach Richt”を、日本の「情報」に翻訳したのが、当時の明治政府は陸軍の軍医だった、森鴎外だったそうよ。とにかく、鴎外さんのドイツ語って云やぁ、留学中にドイツ本国で、流暢にドイツ語を噺し、上流階級から下層階級に至るまで、あらゆるジャンルの女を口説いて、モノにした!ってぇ、筋金入りの国際色事師さ、そんな鴎外さんが、情けを報せ、情けに報いる、ってんだモノ、ちゃんちゃら可笑しいわよ!

2009年7月22日 (水) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸横沓亜〆仍亜鬼あし一門会
 その情報って意味合い、あっしも初めて知ったのは、鳥羽伏見の戦いで散々負けて、江戸に戻った時、これからは、刀と槍じゃ戦争はできねえ、鉄砲と大砲の西洋式戦闘法だ!と悟ってね、幕府が抱えていたフランス国の陸軍士官団から近代戦闘法って奴の、初歩の初歩を習った、そん時、参謀の役割には、偵察、作戦、兵站の三種類があって、この三つを貫くのが、情報、Nach Richt、って教わった。

2009年7月21日 (火) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸横僑后ヽС據鬼あし一門会
 確かに、一葉さんの云う通り、今じゃ、猫も杓子も、への河童でも、使ってる情報ってぇ言葉は、1970年代から、一般庶民も軽々しく口にするようになったが、その前は、ってぇと、あたしも子供心に覚えちゃいるが、情報って聞くと、何か秘め事の世界、大人の世界、色恋の世界、だって気がしたさ。だってそうだろ、情報=情け+報せ、又は=情け+報い、だ、情けは人の為ならず、徒情浮世の理は世の習い、って、未だに情けには苦労しているさ。

2009年7月17日 (金) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸横僑検^賤奸鬼あし一門会 
 あらら、急に情報なんて噺になって、でもね、あたしら明治の人間、それも庶民は、情報なんて言葉は、まず、使わなかったのよ。今の世みたいに、情報社会だ、情報工学だ、そんな世の中じゃなかったし、でさ、情報って言葉を使ってたのは、軍隊、それも、参謀さんたち頭の良い方々さ。でもね、情報ってなると、芭蕉さんよ、元々は忍びの者で、多数の門弟が情報収集者、でもって、俳句のセンスで情報センスを探ったそうよ。

2009年7月15日 (水) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸横僑掘〆仍亜鬼あし一門会
 まさしく、そうさ、鬼あしのご隠居の云う通りさ、あっしら近藤グループ、ってぇのは、棒を振り回せりゃ、天下一品だったが、これから先の世の中がどうなる、こうなる、ってぇ判断になると、今で云う、客観性のない判断ばかり、あの徳川幕府が倒れるなんて、倒れてからでも想像できなかった、まあ、何て云うのか、情報収集に分析が下手、って云うより、してなかったのよ、そこが松蔭と歳三の差だね。

2009年7月13日 (月) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸横僑供ヽС據鬼あし一門会
 先見性に時代認識か、云うのは簡単だが、誰もが持てる、ってぇモンじゃない、持ってるのは、どうだろ、百人に一人は多いやな、やっぱり、千人に一人、否さ万人に一人、ってぇ割だろうなぁ。まあ、通常一般の人には持てない感覚、センス、生まれる前に備わってる天賦の才だ、これを、松蔭&晋作の師弟コンビは、お互いに認識し合ってたはずだが、持ってた、ただ、今で云うジャンル、当時なら分野が違ったのさ。

2009年7月12日 (日) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸横僑機^賤奸鬼あし一門会 
 まあね、でもさ、土方歳三さん、好いかい、女が男を判断する!ってえのは、生まれ育ち、もって生まれた気品に血統の好さ、なんて云うより、あたしゃ、その男のフィロソフィー、哲学性、って云うか、これから先の世の中をどう見てるか、つまりは先見性、時代認識、さ。でもって、あの新撰組集団には、お世辞にも、哲学の「て」の字、先見性の「せ」の字もない、あっぱっぱ集団、だから、体育会系のノーテンパー、って訳さ。その点、晋作さんにゃ、師匠譲りの時代認識があったわよ。

2009年7月10日 (金) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸横僑粥〆仍亜鬼あし一門会
 一度は抱いてもらいたい、なるほどな、あの高杉晋作は、あっしも京で捕まえようと追っ駆けた、けどね、苦手なんだよ、あっしにとっちゃぁ、ああ云う、苦労知らずのぼんぼん育ち、上品で、頭がよく、教養も豊か、そいでもって女に持てる、こちとらにゃ、多摩の田舎の百姓上がり、教養ってぇモノがない、品もない、だからさ、骨の髄から、ああ云う晋作タイプにゃ、頭が上がらない、ひっ捕まえる、てぇ気がおこらないのさ。

2009年7月9日 (木) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸横僑魁ヽС據鬼あし一門会
 へえ!そうかい、一葉さんは高杉晋作さんに憧れるか、まあ、あの方は、色白で面長の二枚目、おまけに物腰が柔らかく、口が上手い、女の股座に胡坐を掻いて座ってりゃ、これ以上の贅沢はない!てぇ骨の髄からの色事師、女誑しさ、おそらく、床あしらいも天下一品、扱う女の壷から蜜の音がクチュっと咆哮する、一葉さんだけでなく、女に生まれりゃ、一度は抱いてもらいたい、てぇ殿方さ。

2009年7月8日 (水) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸横僑押^賤奸鬼あし一門会 
 師弟の相性、師匠と弟子が馬が合う、まあ、この見本てぇ事になると、ほら、鬼あしのご隠居が、開催してる、吉田松陰と高杉晋作の師弟コンビよね。この二人は誰が見たって、合わない組み合わせなんだけど、どっちが相手に調子を合わせたのか、ま!馬が合って、おかげで、日本の歴史が救われた、当時の清国のように、日本は欧米列強の支配から免れた、遊里で女色に浸り込むのが取り柄の晋作が、長州男児の本懐を披露する、憧れるわよね、あ〜あ、好い男!

2009年7月7日 (火) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸横僑院〆仍亜鬼あし一門会
 そうさ、夢と希望を与えられない師匠ってぇのは、百害あって一利なし、世の中にゃ何にも役立たない、あの近藤さんは、その点、夢と希望だけは与えてくれた、もっとも、致命的に剣術を教えるのは下手だった、所がどっこい、下手だから付く門弟てぇか、押しかけ弟子も、世の中にゃいる。まあ、誰でも彼でもって訳には行かないが、師匠と門弟、弟子にも相性があって、妙に馬が合う、そんな師弟が、世の中を変えるのさ。

2009年7月6日 (月) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸横僑亜ヽС據鬼あし一門会
 まあ、芭蕉さんもそうだが、芸事の師匠さん、ってのも、人気商売で、ご贔屓様がいなけりゃ、何の取り柄もない、世の中の役に立たない家業で、芭蕉さんのご贔屓様、ってのは、江戸の山の手に棲む上流階級じゃなく、下町でも大川下流の川向こうの埋立地の町人層さ。その中でも、年取った風俗営業のご婦人が、芭蕉さんを贔屓にしたんだ。と言う事は、芭蕉さんは、こう云うシルバーレディの喜怒哀楽の感情に響くような、語感の俳句を披露し、彼女らに夢と希望を与えた、って訳さ。

2009年7月4日 (土) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸横毅后^賤奸鬼あし一門会
 おべっか、ねえ、あたしもさ、あんまり好きじゃないのよ、だから、駄菓子屋の小商いを営んでた時も、お客さま、とは云っても、薄汚いガキどもに、云えなかったの。でもさ、おべっか、追従は必要よ、まあ、人間関係の潤滑油だもん、で、古池の句に戻ると、やっぱり、ああ!これって色っぽい句だ!って感じる所は、最後の、水の音、蜜の音、よ。でさ、この“音”を聞いて歓んでいるのが、深川の女たち、でもって、音の発生源も、その女たちの潤滑油、なんでしょ。

2009年7月3日 (金) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸横毅検〆仍亜鬼あし一門会 
 しがねえ芸事のお師匠さんか、まあ、近藤勇さんもそうだったよな、でもさ、近藤道場にゃぁ、女は来ねえや、もっとの、あの近藤さんには色気、ってぇのは皆無、精気だけの御仁だった。で、あっしは、ってぇと、はっきり云って他人に芸事を教えるのは、御免だね。あっしは、色恋がからむと、口説きたい女にお追従は云えるけど、相手が男だと、おべっか、なんてぇのが、云えねえ性分でさぁ。でもさ、さすが、芭蕉さんだ、古池の句じゃ、ちゃんと、おべっか、ってるぜ。

2009年7月2日 (木) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸横毅掘ヽС據鬼あし一門会
 そうさ、古今東西、人間は誰しも、死ぬまで男と女さ、色恋の誘惑から逃れられない、ってぇこった。まあ、芭蕉さんてぇ、お方はさ、この色恋の道を究めたい、この想いが不易流行にまで昇華したんだな。そんな芭蕉さんも、ある面は、しがねえ芸事のお師匠さん、門弟がいなけりゃ喰っていけねえ、って商いさ。そんでもって、深川近在の風俗ビジネスの女に目を付けた、てぇ按配さ。もともと女好きの芭蕉さん、歳は取っても、色気と精気が残っていた、これを利用しねえ訳がないや、な!土方歳三さんよ。

2009年7月1日 (水) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸横毅供^賤奸鬼あし一門会
 何がお立会いよ、まったく、顔を二枚目だけど、云う事は三枚目、ってぇのが土方歳三の善い処なんだけど、ま。あたしにも段々分かって来たわよ。風俗ビジネスの女には、こちとらも、新吉原の裏口の駄菓子屋でさんざん、取材をかけたからねぇ、まあ、あん人たちも、たまにゃぁ、若くて二枚目で金があって、おまけに女あしらいの上手い好い男に抱かれて気をやりたい、ってぇ願いがあるのさ、その心を芭蕉さんが詠んだのが、婦る池よ。