土方歳三と樋口一葉が艶姿“鬼あし”プロジェクト
(2009年4月)

2009年4月30日 (木) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸横娃検^賤奸鬼あし一門会 
 まあ、世間じゃ、土方歳三の句は下手の横好き、進歩しない駄句、子供でも詠める拙句とか何とか、良くは云われちゃいないけど、その何だ、云いたいことは、商いに良縁を得るための仕掛け、って噺なのね、だから、今の世の中の営業マージャン、営業ゴルフと同じで、お客様予備軍が好いこんころもち、を持ってもらうために、わざと下手に詠んだ!って算段ね。

2009年4月29日 (水) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸横娃掘〆仍亜鬼あし一門会
 その芭蕉さんの深川の邸宅、ってモノじゃないが、に通ったさ、あっしは。なぜかって云うと、ガキの頃の松坂屋の丁稚奉公で、縁は異なもの、味なもの、縁がなけりゃ、商いは繁盛しない、って事を学んでさ、鬼あしのご隠居が云う、商いの良縁を得る仕掛け、まあ、技、芸とも云うが、その仕掛けを、この土方歳三は何にする、こいつには悩んだ、いろいろ試したさ。でもって、まあ、これだなと、自分なりに納得したのが、句なのさ。

2009年4月28日 (火) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸横娃供ヽС據鬼あし一門会
 確かに、一葉さんの云う通り、縁は異なもの、味なもの、ってんで、どこの誰もが、簡単に味な縁を結べるか!って云うと、そうじゃねえ。縁の始まりは出逢い、でね、この出逢いが、どこの誰にも、まんべんなく、訪れるか?って云うと、実はそうじゃねえ、出逢いには、仕掛けがいる、って按配さ。この出逢いを求めて、土方歳三さんは、薬の行商をし、芭蕉さんは、大川の向こう側は深川に邸宅を構えた、って寸法さ。

2009年4月27日 (月) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸横娃機^賤奸鬼あし一門会 
 そうか、土方歳三さんと中嶋歌子先生は、面識が会ったのか、まあ、明治の新政府には批判的なお方で、江戸幕府の味方じゃぁなかったけど、いわゆる、保守じゃないか、懐古主義って立場だったね。でもさ、土方歳三さんて、薬屋の行商家業だったから、そうなんだけど、江戸市中から関八州まで、地理には詳しいわね。でもさ、安藤坂の歌子先生の歌道と下手糞の土方歳三さんの句道が、どこでどうなったのか、縁は異なもの、って事ね。

2009年4月26日 (日) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸横娃粥〆仍亜鬼あし一門会
 おっと、あっしも歌子先生とは面識があったよ。先生は、あっしより6歳若い天保12年生まれ、18歳で水戸藩天狗党の林忠右衛門に嫁したが、夫が武田耕雲斎と国事に奔走して下野国部田原で戦病死すると、これに連座、同藩書生党に捕らえられて投獄されたが数ヶ月で釈放された。この後に、生まれ故郷の江戸は安藤坂に戻り、加藤千浪の門に入って歌道を修め、かねてから書を能くした、のさ。でね、この安藤坂は、ほら、文久3年に浪士隊が集結した、あの伝通院の参堂途中の急坂さ。

2009年4月25日 (土) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸横娃魁ヽС據鬼あし一門会
 へえ、こいつぁ驚いた、なるほど、中嶋歌子門下一の才媛、和歌の天才、って云われた一葉さんだ、萩じゃなく女郎花を思いつくなんてぇのは、お釈迦様でも気が付かねえや!てな事云ってる最中に、おっとっと、思い出したぜ、一葉さんよ、その中嶋歌子先生の和歌の塾ってのは、萩の舎、だったよな!!てぇ事は、芭蕉さんの、一つ家の 遊女も寝たり 萩と月、の句を、歌子先生は、それなりに意識した!ってぇ訳かい。

2009年4月24日 (金) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸横娃押^賤奸鬼あし一門会 
 下手の俳句好きの歳三さんが云う事は、どうにも、色っぽさの奥行きが浅いわね。ハギとツキの同音異義語は芭蕉さんの真骨頂、いいかい、ハギ=萩+接ぎ+剥ぎ、ツキ=月+点き+搗き、なんだよ。それに、この一つ家の回りに咲いていたのは、萩じゃない、ほら、秋の七草の中で、女郎の厚化粧のような、どぎつい色の花があるでしょ、そう、おみなえし、女郎花よ。この黄色い傘状の花が、あばら家のいたる処に咲いていたのよ。

2009年4月23日 (木) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸横娃院〆仍亜鬼あし一門会
 鬼あしのご隠居さんよ、キーワードがハギ、って事は、芭蕉さんが得意の同音異義語だね、ハギには萩、剥ぎ、葉木、脛、接ぎ、矧ぎ・・、ついでにツキは月、突き、付き、着き、尽き、就き、衝き、憑き、搗き、撞き、点き、机、槻・・、この中から、深川は岡場所の女が好む組み合わせを、探しゃぁ、一丁上がりだ。て、なると、ん〜ん、脛と衝き、の組み合わせはどうだい、脛ってのは、脚の膝から踝までの部分、普通は、すね、って云うよ。

2009年4月22日 (水) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸横娃亜ヽС據鬼あし一門会
 まあ、芭蕉さんが奥の細道を歩いたのは、年の頃は40台半ばさ、あたしの経験からも、まだまだ枯れちゃぁいないし、それにね、ランニングもそうだが、昔の旅はウォーキング、この歩き、ってのも人間、動物、哺乳類の本能を刺激する、のさ。それに、深川で岡場所の夜鷹の女と句を詠んで、かれこれ5年さ、色を売る女の素性、気性ってのが好みの芭蕉さんと、旅先で出会った遊女が同じ一つ家さ、あたしゃ、この句のキーワードは萩と月の、ハギだと思うよ。

2009年4月21日 (火) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠坑后^賤奸鬼あし一門会 
 そうか、岡場所で口をすすぐ遊女の類が、深川の芭蕉庵に、足を運んで、句の捻り方を教わった、って按配か。確かに、俳句は和歌に比べりゃ、捻り方が簡単だわね。そう云えば、奥の細道の親不知子不知での句に、一つ家に 遊女も寝たり 萩と月 、ってのがあったけど、遊女と寝てるのは、芭蕉さんじゃなかったの、え?じゃない、隣の部屋の男女が奏でる、蛙飛び込む 蜜の音、を聞きながら、詠んだ句なの。

2009年4月20日 (月) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠坑検〆仍亜鬼あし一門会
 へえ、さすがだね、鬼あしのご隠居、まあ、あんたにゃよ〜くご存知のこったが、深川って処は、大川の向こう側、領国橋や永代橋を渡れば、もう、江戸じゃない、そんでもって、所かまわず、じめじめした埋め立て地で、掘割があって、そこにあるのは岡場所ぐらい、棲んでいるのは、そこで稼ぐ方々さ、でね、何でも偉い俳句詠みが、近くに越して来た、ってんで、多少の風流を解する、類が芭蕉庵に足を運んだ!のさ。

2009年4月18日 (土) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠坑掘ヽС據鬼あし一門会
 まあ、艶やか、って云う処じゃ、俳句の会ってのは、月とすっぽん、艶やかさの糸瓜もない、質素、簡素、そうさ、芭蕉さんが、口すっぱく云ってた、わびとかさびの世界、枯れ果てる寸前の大人の世界、って処かな。まあ、俳句の会なんてのは、そりゃぁ最初の頃は味気ない、色気ない、男ばっかしの集まりで、女ッ気のないモノだった。それが、どうでぇ、芭蕉さんが大川の向こう、深川に引っ越してから、女が集まり始めた、ってんだ。

2009年4月17日 (金) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠坑供^賤奸鬼あし一門会 
 まあ、和歌と俳句の違いはあるけど、上流社会に溶け込む、ために土方歳三が句を詠んだ、ってのは、分かる。でもさ、あたしの場合は、古今調の名門は中島門下で一番の優等生、和歌詠みだ!って評判だったけど、いざ、門下生が集まって、和歌の会を開く、ってなると、着て行く物、履いていく物、がないから、相変わらずの一張羅、ところが、他の生徒は上流階級の子女、って事で、まあその、着飾った姿の艶やかだったことったら。

2009年4月16日 (木) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠坑機〆仍亜鬼あし一門会
 あ〜あ、弱っちゃうね、鬼あしのご隠居には、何もかもお見通し、って訳か。ご存知のようね、あっしの道楽の一つは、俳句を捻る事、なんだが、詠んだ句は、下手だ、下手だ、こんな句は子供でも詠める句だ、って、くそみそにけなされちゃいるさ。でもさ、あっしの句は、鬼あしの先輩、芭蕉さんの境地を覗うために詠む、それと、上流社会に溶け込む、作法なんだ。

2009年4月15日 (水) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠坑粥ヽС據鬼あし一門会
 まあ、一葉さんの云う通りなんだが、実は、土方歳三さんが、お手本にした、この商いの先立ちが、芭蕉さん、だったのさ。この芭蕉さんの生国は、忍者で有名な伊賀上野さ。一説には、芭蕉さんは忍者だった、ってぇ事で、当然、歳三さん同様、足は達者、金あしらいも達者、女あしらいも達者、つまりは、鬼あし芭蕉、だったのさ。でね、お立会い、芭蕉さんが達者な事が、もう一つあったのさ、な!歳三さん。

2009年4月14日 (火) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠坑魁^賤奸鬼あし一門会 
 そうか、そりゃ寂しいわよね。でもさ、江戸って処には、天下の三百もの大名の奥方や旗本の奥方が、集まっていたのよね、他にも、側室やお妾さんがいて、こう云うご婦人方が、自分の体でやる事がない、する事がない、って寂しい思いで、日を送るとなると、じゃぁ、何か楽しい、気晴らし、体晴らしを、してあげましょうか?って商いが、生まれてくるわよね。で、鬼あし、土方歳三さんの出番って訳か。

2009年4月13日 (月) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠坑押〆仍亜鬼あし一門会
 まあ、可愛そうだって云うのは、惚れた、って事で、鬼あしのご隠居は、若い娘よりかは、乳母桜系が、お好みなんだ。とにかく、江戸時代のお武家様の世界は、暇なんだ、今で云うワークシェアリングが徹底してたので、一人でできる事を、何人もがよってたかって、仰々しく恭しく、おっぱじめる、乳母桜の世界もそうで、殿様の奥方、ご正室なんてのは、殿様との夜の儀式がなくなると、もう、自分の体でする事は、何にもなくなっちまう。

2009年4月10日 (金) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠坑院ヽС據鬼あし一門会
 そこん処さ、一葉さん、昔から女の業は海より深い、ってね、特に江戸時代の高貴な女性は、そうさ。いくら、高貴だと云っても、歳の30を越えると、乳母桜とか云われて、たとえ正室でも、殿様から、女としては相手にされなくなる、飛び込む蛙のいない、婦る池は、水が徐々に涸れ始め、まさしく古る池になっちまう。こいつぁ、可愛そうだよ。

2009年4月9日 (木) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠坑亜^賤奸鬼あし一門会
 まあね、歳三さんのご自慢の蛙が、ご婦人の池に飛び込んで、蜜の音が出る、ってのは、分かったけど、芭蕉さんの句は、交わず飛びこ無、つまり、交わっていないし、飛び込んでもいない、のに、蜜の音は出てる、って事でしょう。やっぱり、変よ、これって、あれ、やだ!また、鬼あしのご隠居が、にやにやして、え?変じゃない、ご婦人は、交わらなくても、蜜の音は出せる、って。

2009年4月8日 (水) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠牽后〆仍亜鬼あし一門会
 そう、鬼あしのご隠居、図星だよ。後家さん相手の秘密の商い、まあ、一葉さんが近くに棲んでた吉原遊郭は、幕府公認した、色好み男にやもめ男が相手の色事商いの拠点だったけど、男相手がの商いがあって、女相手の商いが、ない、って法はないぜ。で、この歳三さんは、自慢の家伝薬、石田散薬に媚薬の工夫を凝らし、蛙が飛び込みゃ、婦る池から、しとど、蜜の音が出る、って按配にした、訳さ。

2009年4月7日 (火) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠牽検ヽС據鬼あし一門会
 そ!そこさ、まあ、微妙って云うか、二十歳代の一葉さんにゃ、まだ、分からない、三十過ぎたご婦人の世界、それも裏の世界、秘密のあっこちゃん、の嗜み、楽しみなんだね。断っておくが、芭蕉さんが住んでた頃の江戸には、高貴な身分のご婦人、多少歳は喰ってるけど、が多くいた。だってそうだろ、全国三百諸侯の奥方やお姫様は、江戸住まい、お殿様がなくなっても、国元には帰らず、後家の江戸住いさ、でもって、そんな後家さんを相手に、秘密のあっこちゃん商売をしたのが、この土方歳三さんさ。

2009年4月6日 (月) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠牽掘^賤奸鬼あし一門会 
 ん〜ん、土方歳三さんの云ってる事が、よく分からない、まあ、あたしゃ、これでも、和歌詠みだから、交わず飛びこ無、が、微妙なのさ、交わす飛び込む、これなら、ああ!そうか!って、ピンと来るのだけど、どうして、交わさず、飛び込まず、なのか、おまけに、どう考えても、よく分からないけど、蜜の音は、出ているの、で、その出た音を、芭蕉さんは、耳にしている、のじゃないの、ご隠居さ〜ん?

2009年4月5日 (日) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠牽供〆仍亜鬼あし一門会
 まま、鬼あしのご隠居、色好みの芭蕉さんは、もう一つの同音異義語を、この句に嵌め込んでいなさったよ、好いかい、俳句道楽の土方歳三が、解釈すると、古池や 蛙飛び込む 水の音 、は、「婦る池や 交わず 飛びこ無 蜜の音」、なのさ。この句は、かわず、蛙が跳んだか跳ばなかった、じゃなく、男女が情を交わす、か、交わさない、でもって、交わしたのなら、婦人の湿った池から、蜜の音が、出たか、出なかったか、そんな微妙で妖しい雰囲気を詠んだ、艶歌だよ。分かるよな、一葉さん。

2009年4月4日 (土) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠牽機ヽС據鬼あし一門会
 おっと、一葉さん、あなた顔に似合わない、色っぽい事を云ったね。婦る池や 蛙飛びこ無 蜜の音、と、古池や 蛙飛び込む 水の音、この二つは、耳で聞くと、まったく同じ音だが、目で見ると、漢字の意味がまるで、違っちゃう。この辺りが、俳句、俳諧の奥の深さで、日本語の同音異義語を、巧みに操る、色事好きな芭蕉さんの真骨頂、って処さ。

2009年4月3日 (金) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠牽粥^賤奸鬼あし一門会 
 まぁ、確かに、俳句より和歌が得意の一葉にも、古池や、じゃなく、婦る池や、と漢字で書いたのを見ると、こりゃ、ちょいと、何かあるわね、ってピンと来るわよ、で、次が飛び込む、じゃなく、飛びこ無、と来ると、その何かを、じっくり考えるわさ。で、水の音、でしょう。これは、違うな、みずの音、じゃなく、みづの音、じゃないの。つまり、婦る池や 蛙飛びこ無 蜜の音、これが、本当の漢字綴りよね、ご隠居。

2009年4月2日 (木) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠牽魁〆仍亜鬼あし一門会
 はは、ピンク教師か、まあ、鬼あしのご隠居の、ほら、あの小股の切れ上がった粋な女、プロジェクトってのも、色っぽい走り方教室だよな。だって、何処の世界に、早く走る、のを教えず、色っぽく走る、を教える、教師がいるかい、それもさ、堂々と、土方歳三の鬼あし、の脚運びが、色っぽく走る、原点だとか、なんとか、ほざいてよ、でも、婦る池の句は、俳句読みなら、やりゃぁがったな、色好き芭蕉!ってな世界だよ。

2009年4月1日 (水) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠牽押ヽС據鬼あし一門会
 へへ、古池や 蛙飛び込む 水の音 、ってのは、小学校の国語の教科書の、漢字の綴りさ、ほら、一葉さんも云った事がある、深川の芭蕉記念館の庭にある石には、こう刻まれてるよ、婦る池や 蛙飛びこ無 水の音 、ってね。でもさ、この漢字の綴りだと、小学校の国語の授業にはならない、この漢字の綴り通りに、先生が生徒に教えようものなら、PTAが血相抱えて飛んでくる、このピンク教師!ってね。