土方歳三と樋口一葉が艶姿“鬼あし”プロジェクト
(2008年12月)

2008年12月31日 (水) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠苅院〆仍亜鬼あし一門会
 おっと、さすがに鬼あしのご隠居だ、ついに、鬼あし歳三が三井の呉服屋商法に、ゆかりがあった気配に気付いたね、まあ、越後屋の「現金掛け値なし」商法は、皆さんご存知だから、多くは云わねえが、為兄いが、注目したのは、越後屋、要は三井家のルーツさ。伊勢は松阪牛の松阪の出身で、なんと、その松阪って町は、近江の日野から来た、近江商人の一派が造った町でよ、こちとらは多摩の日野の百姓の生まれ、同じ日野てって地名で繋がったのさ。

2008年12月30日 (火) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠苅亜ヽС據鬼あし一門会
 さすが、明治の才女、平成の5千円札のマドンナ、一葉さんは勘所が好いや。仰る通り、為兄さんは、薬屋巡りをする前に、一体全体、世の中で、流行を仕掛けて、それが流行になって、仕掛けた本人が人気者になった、そんな実例、成功例、お手本が、どこかにないか、それを、尋ねて回ったのよ。それで、多くの人の答えが、日本橋の呉服商、三井越後屋の「現金掛け値なし」だった、って訳さ。

2008年12月29日 (月) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠械后^賤奸鬼あし一門会 
 そうか、一流のブランドか、まあ、今じゃ、なんとかブランドって、やれバッグだ、スーツだ、時計だ、って猫も杓子も、ブランド、ブランドって右往左往しているご時世だけど、まあ、あたしの世代じゃ、ブランドって云うよりかは、のれん、暖簾、かんばん、看板の方が、馴染みが深いわよね。まあ、そんな風に考えると、薬屋で看板と暖簾で商売をしていた、っとなると、ん〜ん、ピンとこないわね。

2008年12月27日 (土) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠械検〆仍亜鬼あし一門会
 まま、鬼あしのご隠居、そう興奮しないで、あんたの鬼福亭皆楽ってのは、早い噺が土木学会=鬼福亭皆楽、って事だろ。でね、あっしの為兄いは、石田散薬、まあ、効いた験しがない、土方の家伝の薬を、なんとかかんとか、一流のブランド薬に仕立てたい、ってのが事の起こりで、じゃぁ、一体、世の中のブランド薬にはどんなのが、あるか、ってのを、人の噺を頼りに江戸まで行って、探し回り、買い込んで、験し始めたのさ。

2008年12月26日 (金) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠械掘ヽС據鬼あし一門会
 そうさ、鬼あし歳三の、鬼って云う言葉にゃ、毒見役って意味もあって、西洋バテレンのデヴィルやサターンのような妖怪もどき、たぁ全然違う、そこが、日本語の、鬼の奥深さ、間口の広さよ。だらさ、あたしのビジネスネームの鬼福亭皆楽は、鬼つまりエンジニアが、福はプロフェッショナルである、亭のソサイアティは、皆のシヴィックピープルを楽、楽しくする、そんな意味合いさ。まあ、あっしの場合、鬼=エンジニアさ。

2008年12月25日 (木) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠械供^賤奸鬼あし一門会 
 そうか、云ってみりゃ、華岡青洲の妻も、毒見役よね、それで、失明か、んーん、繋がって来たよ、鬼あしのご隠居、ほら、“鬼あし 歳三”の鬼あしの鬼、鬼さんこちら!の鬼には、いろいろな意味があって、確か、毒見役の事を、鬼、って云うのよ!って事は、鬼あし=鬼+あし、その鬼が毒見役とすると、=毒見役+あし、じゃ、この“あし”は何よ、なに?なのさ。

2008年12月24日 (水) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠械機〆仍亜鬼あし一門会
 へぇ、そうかい、雷蔵さんが華岡青洲役か、まあ、この土方歳三を、今まで、沢山の二枚目俳優が演じちゃいるが、あっしの見た目じゃ、大映映画の“新撰組始末記”で、雷蔵さんが演じた土方歳三が、ピカイチさ。欲を云えば、“燃えよ剣”を、雷蔵さんが歳三役、勝新太郎が近藤勇役、若尾文子が、お雪の役で、映画にしてもらいたかった。まあ、今のキムタクさんも歳三候補だが、そう云や、タクさんの“武士の一分”も、毒見役で、失明する噺だったよな。

2008年12月23日 (火) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠械粥ヽС據鬼あし一門会
 そうさ、一葉さん、まさしく、為兄さんは、華岡流を試したのよ、それも、外科手術の麻酔薬じゃなく、男女の濡れ場の媚薬にね。まあ、あたしが18歳、大学に入りたての頃さ、大映映画で、市川雷蔵が青洲役、若尾文子が妻の役、高峰秀子が姑の役と云った“華岡青洲の妻”を見たのさ。まあ、ご存知のストーリーで、あの若尾さんが、試験薬を飲んで、床に入って寝入る、あのシーンってのは、ぞくぞくする殺気立った色気、白黒画面だったが、を感じたぜ。

2008年12月22日 (月) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠械魁^賤奸鬼あし一門会 
 え!なに、華岡青洲って、有吉佐和子さんのベストセラー、“華岡青洲の妻”の、あの青洲さんなの。ふ〜ん、こりゃ、凄いや、あ!そうか、青洲さんの妻も、確か、トリカブトとかチョウセンアサガオとかを基に、青洲さんが調合した、麻酔薬を試飲しているうちに、そうよ!失明したのよ。だとすると、為兄さんも、華岡流を試した、って訳か。それで、青洲さんの妻と同じように、失明したのぉ!

2008年12月21日 (日) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠械押〆仍亜鬼あし一門会
 まあ、薫陶って代物じゃなかったけど、為兄いが、目が見えてりゃ、したかった事を、じっくり習ったさ。まあ、兄いの目が不自由になった、ってのも、胡散臭い想いが募って、よしゃぁ好いのに、多摩の石田から、天下の“Vogue”を興す、のだとか、何とか云って、まあ、当時じゃ最先端だった蘭学のエンジニアリングと、華岡青洲さんの秘伝を、石田散薬にフューチャーしたのさ。

2008年12月20日 (土) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠械院ヽС據鬼あし一門会
 おやおや、一葉さんが、もどかしさ、じれったさ、で女は身を焦がす、って云ってるよ。まあ、歳三さんには、合点承知の介の噺だが、色事の奥義って奴は、胡散臭い男女が、互いにもどかしい、じれったい、想いと仕草を重ねあぐね、逢わずにゃ、できない事をする。そん時に、肝心、大事な事は、やっぱり、胡散臭さ、もどかしさ、じれったさ。まあ、歳さんは、この当たりの奥義を為兄さんから、ジックリ薫陶を受けた、って代物よな。

2008年12月19日 (金) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠械亜^賤奸鬼あし一門会 
 そこ!なのよね、大概の流行は、しかけ始めでポシャって、世の中の“Vogue”にゃならない、もどかしい、じれったい、ものなのよ。まあ、作家稼業ってのは、頭の中に浮かんだ胡散臭〜い、想いを、紙の上に、筆でなぞって、目に見える形にする、んだけど、このもどかしい、じれったい、って処が味噌なの。吉原の妓楼の花魁あたりでも、自分が惚れたお客ってのは、花魁の思い通りにならない、でもさ、女はね、もどかしさ、じれったさ、が、身を焦がす種、じっとり濡れて来るのよ。

2008年12月18日 (木) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠横后〆仍亜鬼あし一門会
 へ!云うじゃないか、一葉さんよ、そうさ、“Do Vogue”、流行をしかけ、流行らせ、人気者になる、ってのは、古今東西、未来永劫、気の利いた女、男なら、誰でも身に付けている本能、性分さ。まあ、上手、下手はあるが。でもよ、この Vogue って奴は、流行しちまえば、どうって事はない、当たり前の噺なんだが、仕掛けた始めの頃は、実に、胡散臭い、海のものとも山のものとも分らない、厄介なモンで、大体が、しかけ始めでポシャってしまうのさ。

2008年12月17日 (水) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠横検ヽС據鬼あし一門会
 そうさ、江戸時代の吉原遊郭の一流の芸妓、まあ、花魁と云う最高位になる女は、単に別嬪で床技が上手い、だけじゃなれねえ、金満家の男を誑かす教養って奴が付いていねえと、男は行かねえ、源氏物語ぐらいは暗唱していて、古今調の和歌も捻る、そんなインテリ女さ。でね、その身に付けた教養を行かす、まあ、男を行かす、のと同じで、自分の花魁のブランドを上げ、身の周りのファッションが江戸中に流行し、人気者、つまりはスターになる、この一連の“Do Vogue”を貫いたものさ。

2008年12月16日 (火) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠横掘^賤奸鬼あし一門会 
 ね、ご隠居、その“Vogue”なんだけど、あたしも、今で云う流行作家を目指して、吉原遊郭裏で、色事の手練手管を取材していた頃、ちょくちょく、上野の官営図書館に行って、源氏物語とかの写本を読んでいた訳さ、でね、ふと感じたんだけど、この紫式部って女は、どの程度、色事の手練手管に長けていたのか、床技は上手かった、のか、まあ、こんなのが気になってね、裏にあった妓楼の寮の女たちに尋ねたものさ、でね、返ってきた答えが、何と“Vogue”なのよ。

2008年12月15日 (月) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠横供〆仍亜鬼あし一門会
 へっ!云ってくれるね、鬼あしのご隠居さんよ。確かに、Do Vogue ってのは、流行、つまりは流行りを興して、人気者になる、って事さ。これはい、あっしが、鳥羽伏見の敗戦の後、江戸に戻って、幕府の陸軍顧問だったフランス士官に、西洋軍学を習っていた頃、流行の事を、Vogue だと教えられてね、土方歳三さんには、日本国の軍事Vogueの先っぽで、これからの官軍と戦ってもらいてえ、とおだてられた、ものさ。

2008年12月14日 (日) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠横機ヽС據鬼あし一門会
 ま、一葉さん、確かに土方歳三さんは、並じゃねえ、でね、この並と違う根本ってのが、為兄さんの目が不自由になった訳に繋がる、って寸法さ。恐らく、為兄さんの気性、性分を引き継いだのが、歳三さんで、この二人に、姉の、のぶさんの旦那、佐藤彦五郎さんの、お節介が絡んだのさ。でね、この彦さんが、今で云う、プロデューサーの走り、オリジナルでね、そん当時の日野宿の流行を仕掛け、人気者だった、つまりはVogueな男だったのさ。

2008年12月13日 (土) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠横粥^賤奸鬼あし一門会 
 ふ〜ん、頭に浮かぶのは女の事ばかり、そりゃぁ悲しいわよね。確かに、あたしも、吉原遊郭の裏門に棲んで、駄菓子屋を商っていた頃、遊郭内に出入りする商人から、男って奴は、大なり小なり、頭の中にゃぁ、女の姿がある、って云ってた。でもさ、そんな、色狂いの土方歳三が、まあ、女に持てたい、女を抱きたい一心で、流行を仕掛け、人気者になった。Do Vogue プロデューサーになった、ってのが並みの男と一味違う処ね。

2008年12月12日 (金) 癸隠横魁〆仍亜鬼あし一門会
 おっとっと、鬼あしのご隠居、このあっしが、単なる女好きの気弱な、ぼんっちゃん、だったぁ、今まで、土方歳三を気弱と云った人はいなかったがよ、あんたは、鬼あしをキーワードに、あっしの秘密をズバっと見抜くね、まあ、確かに、深窓の令嬢じゃないが、浅窓の令坊でさ、物心付いた頃から、頭に浮かぶのは女の事ばかり、そんな自分を卑下していたのだが、その女好みを、上手く活かしてくれたのが、為兄いだったって訳さ。

2008年12月11日 (木) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠横押ヽС據鬼あし一門会
 へへ、そうさ、一葉さんよ、この土方歳三ってお方はさ、骨の髄から、好い格好しぃ、とにかく、粋で鯔背で、気風が好くて爽やかで、と云った江戸の好い男を、絵に描いたようなキャラを目指した、演じた、まあ、もともとは、単なる女好きの気弱な、中流家庭のぼんぼん、だったが、為兄さんの、薫陶の甲斐があって、流行を仕掛け、人気者になる、つまりは Do Vogue な、プロデューサーになった、って訳さ。

2008年12月10日 (水) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠横院^賤奸鬼あし一門会 
 また、急にブランドだとかエンジニアリングだとか、ご大層な横文字を並び立てて、土方歳三って男は、ほんに、流行り好き、人がやらない目新しい事をしでかす、粋なお方よね。まあ、薬屋家業を続けている内に、自然と身に付けたか、もともと、その気が強かったのか、あるいは、自分から流行をしかける、流行の兆しを造って、人気者になる、ほいでもって、インチキな石田散薬を、高く売り付ける、って魂胆なのね。

2008年12月9日 (火) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠横亜〆仍亜鬼あし一門会
 へ!鬼あしのご隠居、図星だよ。まあ、今から思うと、あの時、為兄いは、自分が果たしえなかった、家伝薬のブランドビジネスを、このあっしに、引き継いだ、って事で、その当時の、最新の医学と薬学のエンジニアリングを詰め込んだ、石田散薬の販売方法を伝授してくださった。それから1年ぐらい経って、為兄さんから、もう学ぶ事がなくなった頃、姉さんが嫁いでね、その嫁ぎ先が佐藤家、そこの婿さんから、丁稚奉公の話が来たのさ。

2008年12月8日 (月) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠隠后ヽС據鬼あし一門会
 まあ、江戸時代の日本人ってのは、今じゃ考えられないぐらい、男も女の、老いも若きも、好色、色好き、でね、昼日中、人前でも平気で、交わってた。それを見た、西洋人たちが、こいつら野蛮人か!って、あきれ果てた、ぐらいさ。だから、周りの目も耳も、気にはならない、んだろうが、あたしの勘じゃ、この二人、為兄さんと女芸人は、もともと出来てた、それも、お互いが惚れ合って、じゃれ合った仲さ、で、土方歳三さんよ、あんたは、この二人を見た、お陰で、家伝の石田散薬を、高く売り付ける、算段を身に付けた、よな。

2008年12月7日 (日) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠隠検^賤奸鬼あし一門会 
 へ?できた、酒盛り中に、為兄さんと女芸人さんが、それって、なに、なにができた?のぉ、え!もしかして、・・がなの、あら、嫌ねぇ、で、なに、土方歳三さんは、その、できてる間に、なにを、していた、のぉ?ええ、見てた、見てたって、じゃなく、見せ付けられた、為兄さんが、見てろ!歳三って、云ったって、ふ〜ん、為兄さんは、確か、目が不自由な方、そう云う方って、周りの人の目が気にならない、のかしら。

2008年12月6日 (土) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠隠掘〆仍亜鬼あし一門会
 へ!止しな、鬼あしのご隠居にゃぁ、鼻声は似合わねえ、って、まあ、上げまん、下げまん、って云う女の値踏み方は、あたしゃぁ、好きじゃねえ。それを云うなら、情けを交わした女が上げまんか、下げまん、かは、ご隠居さんよ、男次第って訳さ。それより、色事は最初、男も女も最初の相手次第で、その後の色道が決まる。その点、あの旅芸人は、土方歳三に取っちゃぁ、上げまん、だった。めでてえ、酒盛りの最中に為兄とできた、のさ。

2008年12月5日 (金) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠隠供ヽС據鬼あし一門会
 何ですかい、一葉さん、ご隠居ぉ〜、って、小気味好い鼻にかかったハスキーな声で囁いて、え?もしかしたら、二枚目の土方歳三さんから、野性味の鬼あしさんに、鞍替えしようって、按配かえ?ま、確かに、一葉さんの云う、上げまん、下げまん、ってのは、あるよ。ま、このあたしも、今になって思うと、ああ、あの娘は上げまん、だった、あの女は下げまん、だった、ってね。ねぇ?土方歳三〜ぉ〜さん。

2008年12月4日 (木) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠隠機^賤奸鬼あし一門会 
 へえ、男の色始めが、なんでそんなに、めでたいんだか、ちょいと、土方歳三さんの兄さん、為さんって云う人、おめでたすぎるような気がするんだけど、まあ、田舎者によくいるタイプよね。まあ、聞いた噺じゃ、女の色始め、ってのも、相手の男次第で、その後の色の道が決まる、まあ、色事は最初の相方との相性が大事って事よね。ね、世間でよく云うじゃん、上げまん、とか、下げまん、とか、ねぇ、鬼あしのご隠居ぉ。

2008年12月3日 (水) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠隠粥〆仍亜鬼あし一門会
 おっと、忘れていやしたね、あっしと旅の女芸人との色始めが、為兄いに覘かれていた、まあ、あの事が済んだ後で、為兄いがさ、のそっと、出てきて、いきなり云ったもんだ、「歳よ、めでてえじゃないか、これで、お前も一人前の男になった。ささ、そこのご婦人も、ありがとうよ、この悪ガキの歳に女の味を教えてくださって・・」とか何とか、それでもって、「ささ、めでてえ、めでてえ!ここは、ご婦人、一丁、酒盛りと行きやしょう」ってね。

2008年12月2日 (火) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠隠押^賤奸鬼あし一門会
 嫌だね、土方歳三さん、処女の一葉さんをからかって、まっ、枕絵ってのを、見たことはあるわさ。確か、中嶋歌子先生の萩の舎に通ってる頃、たちの悪い先輩たち、まあ、こいつらぁ、歌道はちっとも上手くならない連中だったけど、色の道は、活発に上達していたみたいで、寄ると触ると、男の噺さ、でね、やっかみ半分で、初心な一葉さんに、男女の絡みの枕絵を見せた、おまけに、自分たちの営みの一部始終を、教えるのよ、嫌ねー。

2008年12月1日 (月) 鬼あしプロジェクト!第二幕“土方歳三の色恋道中”
癸隠隠魁ヽС據鬼あし一門会
 へえ、一葉さんが通ってた萩に舎、ってのは、当時の名門、金持ちの子女が生徒の上流階級のサロンだって噺だが、ま、古今東西、男女間の秘密事を、ひけらかす御仁ってのは、高貴な方ほど多い、って事で、ここにいる土方歳三さんは、その当たりの事実を上手く、薬屋家業に応用して、役にも立たないインチキ薬を、ご大層な代金で売り払って、大儲けをしなすった。但し、インチキ、ペテン、詐欺の類じゃなく、役に立たない薬をさ、役に立たせる、奥義を持ってった、さあさあ、土方歳三さんよ、あんたが為兄さんから授かった奥義ってのを、そろそろ、噺してもらいやしょう。