戻る - 参加 

「山内千代と土方歳三の日刊時代劇名走談」
(2006年7月)

2006年7月31日 (月) 癸隠隠魁〇各眄藺紊東京マラソンのコースを案内
 はいはい、土方歳三さん、真っ赤の鬼あしTシャツの話はこれぐらいにして、あの歩道橋を渡って受付に行こうよ、早く。なんか熱くなって来たわね。こういう都会のど真ん中って、暑さの質が違うのよね。カラっとしてなくて、まとわり付く嫌らしい暑さよね。で、都庁のビルの真下に着たけど、背の高さが、ズシっと上から被さってくる感じね。
 あ、あそこ、あの真っ黒の鬼あしTシャツに、あ〜あ、キャップと短パンまで真っ黒の炭団みたいな姿が鬼あしさん、じゃない。久しぶりに見るけど、いつまで経っても、大人びないと言うか、なり形に無頓着な男よね。わたし、山内千代を「内助の功!経営コンサルタントの魁」として紹介したいとか言ってね、近江の長浜まで訪ねて来たの。

2006年7月30日 (日) 癸隠隠押ゝ瓦△薫貂造東京8時間耐久RUN開催
 昨日今日と、スズカサーキットのオートバイ8時間耐久レースにタイミングを合せ、第5回 鬼あし!東京8時間耐久RUNを開催しています。場所は皇居の周回5km歩道、ピットは大手濠の緑地公園、和気清麻呂像です。途中、皇居から外に出る観光ガイドマラニックも実施します。昨日は新大橋から永代橋まで、隅田川のプロムナードを走り、萬年橋袂で芭蕉さんの坐像と対面しました。

2006年7月29日 (土) 癸隠隠院‥敲歳三は東京マラソンのコースを解説
 そうよ、山内千代さん、スパっとした切れ味がある可愛さ、あんた独特の的を得た表現だね。懐かしいよ、そういう娘さんたち、多摩の石田でぐれていた時に、年上の姉からこっぴどく叱られた、あの姉さんが、スパっとした切れ味ってのを持っていた。それが、京に上がると、周りは切れ味の鈍い、なまくら刀のような娘さんばかり、だった。
 もう一つ、真っ赤っ赤の鬼あしTシャツよ。確かに、あっしもさ、こいつを羽織ってると、なにか変なご利益ってのに恵まれそうな気がするんだ、鬼あしさんの言うことにゃ、あっしが若い頃、行商と剣術修行を兼ねてさ、関八州をブラ付いていた頃、たまたま、道場破りをした、田舎剣術の看板を背負っている、そいつがデザインのモチーフだそうで。

2006年7月28日 (金) 癸隠隠亜〇各眄藺紊東京マラソンのコースを案内
 お待たせ、土方歳三さん、山内千代よ、着替えて来ちゃったわ。ねえ、どう、この鬼あし道場Tシャツ、真っ赤っ赤の背中に白地に黒字で、鬼、あ、し、道、場って、恐持てする書体でプリントしてさ、全体、あの鬼あしさんは、何を考えているんだか、分ったもんじゃないけど、このTシャツには変なご利益が潜んでいるような気がしちゃう。
 で、土方歳三もそろそろ、走る姿になって、受付に行こうよ、ほら、さっきの彼女たち以外にも走る姿が増えてきたよ。でさ〜予想以上に女が多いわね、それも、若いのが、可愛いわね〜関東の娘さんって、関西とは違う、スパっとした切れ味がある可愛らしさね。皆さん、フリマを冷やかして、この暑さで、誰もアップとかで走っていないわ。

2006年7月27日 (木) 癸隠娃后‥敲歳三は東京マラソンのコースを解説
 おっと、着替えて荷物をどこかに預けてから、受付かい。まあ、着替えはよ、鬼あしさんから送られた、この厄除けのような鬼あしTシャツ、それもまっ赤っ赤を着てるし、荷物はさ、若い頃の家伝薬行商を思い出して、薬箱代わりにディパックを担いで走るよ。で、山内千代さんよ、あっしがフリマのガラクタ骨董品を冷やかす間に、預けて来な。
 まあ、天気も梅雨の合間の晴れ間って感じで、悪くはないし、久しぶりのお江戸の匂いを嗅いで、楽しく走らせて頂やしょ。実はね、こいつは今まで内緒にしていたが、今日のリハーサル走のコース途中にゃ、馴染みの場所が多くてね、ちょいと、その昔に訳ありだった処に、土方歳三が走るって、報せを届けていてね、さあ、顔を見せるか楽しみだぜ。

2006年7月26日 (水) 癸隠娃検〇各眄藺紊東京マラソンのコースを案内
 あら、ほんと、カッワイイわね。ちょっと、尋ねてくるから、待っててよね。・・・、へへ、聞いて来ちゃったわ。彼女たちも、東京マラソンのリハーサル3時間走に参加するんだって。でね、受付は10時30分から、この大きな通りの向こう側、あそこがね、都庁の第一庁舎で、一階に北側出入り口があって、そこで、受付が始まるんだって。
 でさ〜、この山内千代を見て、おばさんも走るの、って聞くのよね。失礼しちゃうわよね。あたし、山内千代のどこが、おばさんなんよね。あったまに、来るわよね。東京、関東の娘ってさ、京風の雅ってものが、ないから、嫌味なのよね。それと、着替えて、荷物は地下鉄の駅のコインロッカーとかに預けて置いて、受付に行くんだって。

2006年7月25日 (火) 癸隠娃掘‥敲歳三は東京マラソンのコースを解説
 そうかい、山内千代よ、バーボンは鮎の塩焼きが酒の肴かい。あっしは、どうせなら初鰹でやりたいね。それはそうと、高層ビルってのは、足元に来ると、見晴らしが限られて、居場所が分りにくいよな。ええ、おまけにこの当たりは道路が立体交差してるよな。まず、新宿中央公園を目指そうやね。前の方に、幟旗が立ってる処に人がたくさんいるぜ。
 あれ、なんだい、これは。てっきり、リハーサル走の受付と思ったんだが、地べたに青色の敷物を敷いて、ガラクタや古着を並べた露天が並んでいるぜ。ええ〜と、幟旗にはっと、新宿ふり〜まーけっと、と書いてやがら。どうも、素人臭い露店ばかりだぜ。で、山内千代さんよ、あんたの後ろ、どう見ても、市民ランナーって格好の娘さんがいるぜ。

2006年7月24日 (月) 癸隠娃供〇各眄藺紊東京マラソンのコースを案内
 バーボンはね、日本の夏に会うのよ。ジメっとした梅雨の頃、カラっとしたバーボンの口当たりを、土方歳三さん、あんたは下戸だから、楽しめないわよね。山内千代はね、走った後、バーボンを冷たい井戸水で割って、琵琶湖の鮎の塩焼きを肴に飲む、のが堪えられませんね。今日も、東京マラソンのリハーサル走が終わったら、一緒に飲もうね。
 とか何とか云ってる内に、着いたわよ。この当たり、新宿副都心の高層ビルが集団で胡坐を掻いている、この一角の中央公園の手前が都庁第1庁舎って事よ。目の前のビルが大きすぎて、かえって分りにくいわ。普通なら、走り姿の連中が大勢でアップ中のはずなんだけど、全然まったく、そのようなランナーは見当たりませんね。おかしいわよね。

2006年7月23日 (日) 癸隠娃機ゝ瓦△薫貂造湘南箱根ミステリアスロン
 22日の午後8時から23日の午後0時まで、JRの平塚駅発着で「第1回 鬼あし!湘南箱根ミステリアスロン110km」を開催します。なんとか、天気は持ちそうですね。平塚から金目川、伊勢原、R246号、大井松田、足柄峠、足柄、御殿場、乙女峠、箱根裏街道、東海道、小田原、平塚をぐるっと一周します。
 この道筋、土方歳三が若い頃、薬箱を担いで行商していたはずです。と言う事で、箱根山塊から東海道に土方歳三の足跡を再現する夜間走です。

2006年7月22日 (土) 癸隠娃粥‥敲歳三は東京マラソンのコースを解説
 高いびき、でしたか。まあ、あっしの特技はどこでも、いつでもトンころりと寝られる事でさ〜。この高速バスが中央高速を走って、信濃から甲斐の国に入る当たりから、あっしが行商して歩いた村々が連続する、懐かしいよね、村々の思い出、と言っても、かどわかした娘っこの面影が浮かぶぐらいなんだが、あっしもいい歳になった、って事かな。
 小仏峠を超えて八王子、日野、調布と新宿に向かう途中は、涙が出たよな。別に、大した訳もねえが、あっしにも故郷ってもんがあった、そんな事を実感するうちにね、訳もなしに、しんみりとしちまったよ。京の巷で泣く子も黙る、新撰組の鬼の副長、土方歳三も故郷に戻りゃ〜、只のバラ餓鬼さ、山内千代さんよ、バーボンってのは旨いのかい。

2006年7月21日 (金) 癸隠娃魁〇各眄藺紊東京マラソンのコースを案内
 へえ、鬼あし一筋に三十年、一筋かどうかは分らないけど、とにかく、鬼あしさんは何か一点に、こだわるのよね。あたし、山内千代の「功名が辻」も司馬遼太郎さんが書いた長編小説よね、でね、そこに書いてある、山内千代が遠征中の山内陣営宛てに届けた手紙、この件を拡大解釈して、「情報=情けを報せて、情けに報いる」、とか云ってるよ。
 それはそうと、東名高速から首都高速に入って、そろそろ新宿の高層ビルが目の前を覆って来たけど、この深夜高速バスってのは、確かに便利よね。土方歳三さんは、京都を出た途端に、もう高いびき、あたしはね、あんたのいびきを聞きながら、寝酒のバーボンを楽しんじゃった。で、目が覚めたら、八王子か日野のあたりだったよね。

2006年7月20日 (木) 癸隠娃押‥敲歳三は東京マラソンのコースを解説
 山内千代さんよ、女心が妙なら、男心は意気に感じる、って奴さ。まあ、あっしの事はいろんな人が小説とかで書いてるけど、「歳の鬼あし」を紹介したのはたった一人、「燃えよ剣」の司馬遼太郎さんよ。でもね、燃えよ剣を読んだ人はそりゃ〜多いって話だが、そこに登場する「歳の鬼あし」を、大概の人は無頓着に読み飛ばし、誰も気にしなかった。
 そんな「歳の鬼あし」をよ、鬼あしさんは、何でも三十年前から心に留め、あっしも驚いたが、ランニングで鬼あしシリーズを開催し始めたんだ。4年前の秋、土方歳三記念館に、日野の市役所の村瀬って主幹さんに連れられて来てね、しげしげと、あっしが行商中に担いでいた薬箱を眺めたそうだ。で、土方陽子館長に、鬼あしをご存知か、と尋ねたよ。

2006年7月19日 (水) 癸隠娃院〇各眄藺紊東京マラソンのコースを案内
 確かに、怖いもの見たさ、なのよね。山内千代は好奇心が強いから、人様と違う、今までと異なる、常識から外れている、大勢の人間が馬鹿にする、そんな事とか人にね、興味が湧いちゃうのよね。でね、鬼あしさんは、確かにやる事は荒っぽい、って噂よね。でもね、今年から開催している鬼あし版“功名が辻!山内千代・・”シリーズがあるしね。
 まあ、山内千代を市民ランナーの草分け、戦国超走集団の主宰者、田中孫作をウルトラランナーの元祖とか、司馬遼太郎さんや大石静なら、絶対に考え付かない事を大法螺吹いて、ついでにそれでもって、ランニング商品を捻り出すんだから、単なるスポーツ分野でランニング一筋の体育系ではない、興行主よね。でも、これが、妙に女心と共鳴するのね。

2006年7月18日 (火) 癸隠娃亜‥敲歳三は東京マラソンのコースを解説
 参加費の3千円がロハの招待ね、こいつは鬼あし一座の座長らしいや、自前の交通費は深夜高速バスで東京まで往復するとして、安く上げる手筈だな。ところで、山内千代さんよ、あんたはどうするね、あっしと鬼あし座長とはなんと言うか、腐れ縁て奴でね、座長の頼みなら、嫌とは云えねえ、山内千代は、そこまでの腐れ縁って事はないよね。
 ええ、行くって、そうかい、そうかい、で何だって、怖いもの見たさだって、アハハ、そいつぁーもっともだ。鬼あしさんの興行は荒っぽいやね、鼻から競技競走って、世間一般の常識は通用しないやね。今まで、普通のランニング大会のつもりで参加してね、始まってみると、なんだこりゃ〜、ってね、鬼あしさんに食ってかかった御仁は多いってよ。

2006年7月17日 (月) 癸坑后‥鎮翅杭遒東京マラソンのコースを試走
 ああそうだ、忘れてましたよ。山内千代さんと土方歳三さんに、鬼あし一座の座長からの招待状を預かってまさあ、何でもね、東京マラソンを6時間ぐらいでゴール予定のランナーを集めて、本番コースを下見試走しようって按配の集まりだそうで、毎月開催し走る時間を延ばして行く、って寸法の、アメイジング?ラン、とか言ってましたよ。
 ほらほら、これだよ、『第1回 東京マラソン7ヶ月前!リハーサル3時間走』ってね、ちゃんと、参加資格に東京マラソン6時間到着を目指す成人、って書いてありまさあ。でね、鬼あしの座長が云う事にゃ、気楽に参加して下さいって、ただし、京近江からの往復交通費は自前だそうで、参加日の3千円だけを只にする扱いの招待選手だそうで・・。

2006年7月16日 (日) 癸坑検ゝ瓦△薫貂造東京マラソンリハーサル
 猛暑に雷雨が追い討ち、大変なリハーサル走となりましたが、無事終了しました。発着地点の新宿中央公園虹の広場は、フリーマーケットの開催中でごったがえっていました。午前11時に中央公園周りの周回1100mコースを2週してから、東京マラソンコースの下見試走に移りました。予想より歌舞伎町周辺は空いていましたね。
 午後0時30分頃から雷雨が始まり、約1時間も大雨と稲光が荒れました。参加者の方々はその中を戻ってきて、引き続き中央公園周りを廻ったり、新宿天然温泉に行ったりと、様々でした。本日は曇り、昨日よりは暑くはありませんね。

2006年7月15日 (土) 癸坑掘ゝ瓦△薫貂造東京マラソンリハーサル
 梅雨明け前ですが、急に猛暑が襲っていますね。今日と明日、午前11時から午後2時まで、東京マラソンのスタート地点となる東京都庁を発着する『第1回 東京マラソン7ヶ月前!リハーサル3時間走』を開催します。都庁からコース通りに進み、歌舞伎町、市ヶ谷、飯田橋、内神田、竹橋から約10km地点の祝田橋まで行って折り返す予定です。
 このリハーサル走の模様は、山内千代と土方歳三の両名が招待されて、一緒に走ったと言う設定で、名走談を展開するつもりです。取りあえず、本日は安全第一に運営を進める予定です。間違いなく、本日も猛暑となります。

2006年7月14日 (金) 癸坑供〇各眄藺紊東京マラソンのコースを案内
 なんかしんみりしちゃうわね、鬼の新撰組副長の土方歳三さんが栄枯盛衰とか、粋から野暮にとか、言うとね。でね、山内千代には神田の明神様?や赤坂の日枝神社?とか、まるで興味なし、と言うより、初めて聞いた神さんの名前よ。原宿、表参道って、明治神宮よね、近くには、あの日本海海戦の司令官だった東郷元帥の東郷神社も建ってるけど。
 でね、話は全く変るけどさ、甲斐ちえみさん、自殺ですってね。ショックよね、好きだったの私、山内千代はね、松田聖子とか河合奈保子とかより、あの目がクリクリっとして、グラマーなチェミーが、何よ、土方歳三さんも田中孫作も笑って、似てるでしょ、私、チェミーに、よく言われたわよ、歳が43歳、そう言えば本田美奈子さんも好きだったわ。

2006年7月13日 (木) 癸坑機‥敲歳三は東京マラソンのコースを解説
 そうですかい、田中孫作さん。なるほど、よく見るとあっしとあんたはよく似た面相、体形だ。でね、山内千代さんも口にする、原宿、表参道、六本木、これが全く分らない。一体全体、表参道ってのは、どこの神社、神さんのことですか。昔から、江戸の神さんは、神田の明神様、赤坂山王の日枝神社が双璧だが、表参道とかの地名はござんせんよ。
 結局、江戸東京の変り方が急って事なんで、どんどん新しい名所が出来て、そこにお店が立って、人と金が集まる、新しい粋が生まれ、その分、昔の粋が野暮になる、って按配のようだ。これが、栄枯盛衰、生者必滅、の理って事か。いえね、新撰組、これも京大阪で新しい粋を見せたが、あっしの勘じゃ、そろそろ野暮になりかけてる気がするぜ。

2006年7月12日 (水) 癸坑粥‥鎮翅杭遒東京マラソンのコースを試走
 確かに、土方歳三さん、あんたと俺はよく似た面相だよ。中肉中背、細面に彫りの深い、言ってみれば、理知的って顔つきだ。以外なんだが、こう言う姿形顔付の市民ランナーは少ない、でね、このダブダブっとした走り装束は、あの家康さんが原宿表参道のファッショナブルなスポーツ・アパレルショップまで足を運んで、買ってくれた、んだぜ。
 何でも、家康さんはスポーツ・アパレルショップのオーナーって寸法よ、笑っちゃうがね、自分でエンジニアリング・デザインするって話さ。とにかく、オシャレな爺さんさ、あれぐらい、自分の容姿に気を配る御仁も少ないよ。確かに、普段は大層なドケチ、吝嗇って事だが、身の回りのファッションには金と智慧と時間を叩く、そんなお方ですね。

2006年7月11日 (火) 癸坑魁〇各眄藺紊東京マラソンのコースを案内
 あらら、土方歳三さん、ずいぶん失礼じゃないの、ええ、野暮な近江男面、ですって、なにをほざいてるのよ、近江の男はね、昔から細面で彫りが深く、理知的って顔立ちよ、要は大陸系の顔立ち、そう言うあんた、土方歳三の顔立ちもそう、大陸系の細面、彫りが深い男前じゃない、山内千代から見ると、田中孫作も土方歳三も良い男って事よ。
 それに、田中孫作のランニング姿、どこが野暮ってものよ。なんとかの一つ覚え、いつどこで走ってもランパンランシャツの一張羅、そこいらの市民ランナーとは一味違う、TPOを弁えた艶姿、ランニング親爺じゃない。このダブダブっとしたフィーリングがファッショナブルってもんよ。あ〜あ田中孫作は、褒めるとすぐ調子に乗るんだから。

2006年7月10日 (月) 癸坑押‥敲歳三は東京マラソンのコースを解説
 おいおい、田中孫作さんよ、あんたの喋り方いつの間にか、ええ、近江関西系から江戸東京系にシフト!しちまってさ〜、さすがに、山内千代が仕込んだ情報伝達人だ、情けの報せを、情けで報いる、ってね、大したもんだね。粋な女に、野暮な男ね、昔は東男に京女、ってね、男の粋は関東、江戸東京ってのが相場でやんしたが、時代が変ったようだ。
 で、とどのつまりが、あんたの今の走り姿ってわけで。あっはっは、それで納得したぜ、確かに、京大阪、つまりは関西じゃ、そんな格好の市民ランナーさんはいねえよ、なるほど、これが粋な女が流行らせるって按配のランニング・ファッションってわけだ。ですがね、田中孫作さんよ、あんた、野暮な近江男面のあんたにゃ、全く似合ってませんやね。

2006年7月8日 (土) 癸坑院ゝ瓦△薫貂造茲蝓∧芯夕畦爾泙弔
 今日明日と今週末は、神奈川平塚の七夕まつり会場の一角を発着する、第2回鬼あし!湘南平塚七夕祭テツヤスロンを開催します。その名の通り、午後8時にスタートし、翌日の午後0時まで16時間が制限です。主催者の開催意図は、七夕の夜空に天野川を仰ぎながら、土方歳三と湘南海岸、相模川、酒匂川を走る、です。
 なかなか、天気に恵まれず、天の川を仰げませんが、平塚の七夕まつりは十分に楽しめます。特に、真夜中の午前1時頃、七夕祭の竹笹大飾りが続くまつりロードを走り抜ける快感は、天下一品ですね。当然ですが、走る前後は祭そのものも十分に楽しめます。なお、土方歳三が平塚を訪ねた頃、この七夕祭はありません。

2006年7月7日 (金) 癸坑亜‥鎮翅杭遒東京マラソンのコースを試走
 確かに、山内千代さんの言うとおり、江戸東京は野暮な男と粋な女がせめぎあってる、町でさ〜、町のいたる処で見かけるレディースランナーの艶姿、楽しそうな笑顔、シャンと伸びた体躯、良い時代になった、って思いやした。ところが、野暮な男があい変らず、ランパンランシャツに、腹を突き出し、顔をしかめて、体育会系丸出しでさ〜。
 でね、笑顔の艶姿レディースランナーがお似合いのスポット、こいつが今回の東京マラソンのコースにはありゃしない、確かに銀座のど真ん中、浅草雷門とか通って行くんだが、道成りが悪い、だだっ広い道路がほぼ一直線に伸びて、おまけに坂のない平坦路、野暮な実力ランナーはピューっとすっ飛んで行きやすが、粋な女にゃ辛い道成りってもんです。

2006年7月6日 (木) 癸牽后〇各眄藺紊東京マラソンのコースを案内
 やっぱりね、剣客集団、体育会系丸出しの新撰組にはロハス、LOHASやセレブは野暮な話よね。と言うか、今はね、男が野暮で、女が粋、って時代よ。花のお江戸は女が引っ張る時代だってのに、この東京マラソンのコースは野暮天の男どもが設定、デザインした代物で、当の昔に魅力が薄れた二流所をオンパレード、ほんとガッカリよね。
 そもそもが、市民マラソンってのは、LOHASそのもの、何が実力走者には魅力よ、参加する大半は山内千代のような走りを楽しみたい4〜6時間完走ランナーよ、走るのが参加目的じゃなく、42kmのコースで自分のファッションとパフォーマンスを見せつけ、合せてコース沿道の都市インフラを我が身で楽しもう、って寸法なのに、このコースじゃね。

2006年7月5日 (水) 癸牽検‥敲歳三は東京マラソンのコースを解説
 あ〜あ、山内千代さんにドイナカ者、しかも野暮天とか言われちまったね。まあ、多摩の田舎者には違いねえが、野暮ってのは、江戸っ子には堪えるね。ただね、山内千代さんや田中孫作が言う、ロハスやセレブとかは聞き始めだし、原宿、六本木、麻布とかが最先端だと言うのも、信じられね〜、あっしが知ってる原宿にはカラスも来なかったぜ。
 しかしね、田中孫作さんよ、このコース設定は実力走者には魅力だぜ。上り坂がねえし、見通しは聞くし、最後の5kmは2月の寒風を背中に受けてね、ラストスパートが効くってもんよ。ただ、あっしが行商して歩いた35kmまでの道なりを思い出すと、下見試走もなしで作戦を考えない参加者は、距離稼ぎの品川と雷門の折り返し区間で、つぶれるね。

2006年7月4日 (火) 癸牽掘‥鎮翅杭遒東京マラソンのコースを試走
 そ、そうなんですよ、山内千代さま、この東京マラソンのコース、下見試走しましたが、早い話が眠たい退屈なコース、一番の原因は記録狙いのスピードコースに仕立て上げるため、坂がない、それも上り坂がね。おまけに折り返しが二箇所、日比谷から品川の折り返しで11km、銀座と雷門の折り返しで13kmの距離を稼ぐ欠伸の出るコースですぜ。
 で、この眠たさと二流処スポットには、当の家康様もお怒りのようでして、早々と、さきほど山内千代さまが言われた、ファッショナブルスポットの原宿、表参道、六本木、麻布、赤坂とかをブチ抜くスーパー東京マラソンコースをデザインせよと、殿様の山内一豊さんを通じて、山内千代さん主宰の戦国超走団にコンサルタンツ依頼が参りますよ。

2006年7月3日 (月) 癸牽供〇各眄藺紊東京マラソンのコースを案内
 あら、土方歳三さん、あんたね、最近の東京の最先端スポットって、ご存知ないのね。何が、新宿、品川よ、日本橋とか雷門ですって、笑っちゃうわね。これじゃ〜、天下の新撰組の副長、鬼あしは土方歳三さんが、ドイナカ者だって放言している事よ。その二枚目の色男も全くの野暮天に見えちゃうジャン。あんた、江戸じゃ、好い思いなしね。
 今の江戸東京は、山の手、原宿、表参道、六本木、麻布十番、青山、赤坂よね。ところが、東京マラソンのコースはこの当たり、最先端スポットはまるでお呼びじゃない、もう泣けてくるわ、あの、威勢のよい江戸代官様も、要は昔かたぎの野暮の塊、って事よね。ほんと、この糸ミミズなコースはLOHASなセレブレディーを蕩けさせ魅了、ナシね。

2006年7月2日 (日) 癸牽機‥敲歳三は東京マラソンのコースを解説
 おいおい田中孫作さんよ、二流処を連ねたお粗末ミミズってのは言い過ぎだぜ。だってよ、内藤新宿や品川宿、日本橋近辺に浅草は柳町から雷門当たりも通るコースやおまへんか、あれ、なんでここだけ、大阪弁になってんねんやろ、あっしにゃ〜、江戸中の物見遊山の名所を重ねた良いコースと見える、ただ、江戸前埋立地が馴染みが薄いんだな。
 近藤さんが江戸で開いた天然理心流の試衛館、その最初の道場はね、貧乏道場、カラス道場って馬鹿にされた、あっしも居候していて情けないほど、金がない、物がない、ってね。今じゃ懐かしいが、その場所が水戸様の北は小石川、伝通院の勝手口は柳町よ、このコースじゃ、5km過ぎの飯田橋の北側でね、いつも空きっ腹も抱えて行商したもんよ。

2006年7月1日 (土) 癸牽粥‥鎮翅杭遒東京マラソンのコースを試走
 毎度の事なんですが、山内家の御台所、山内千代さんの勘の良さには閉口します。ミミズが這うような頼りないコース、確かにそうで、頼りない、メリハリがない、難しく言うとコースデザイナーのポリシーやコンセプト、フィロソフィーとかは全く表現されていない、単なる東京観光名所、それも現時点では二流処を連ねたお粗末ミミズって事ですね。
 来年2月の当日、参加者は車道、これが広い片側二車線以上、を走りまさあ、ですが今回の下見試走は車道じゃなく、歩道ですから、あまりキチンとした下見にゃなっていませんが、コース全体の大味な感想は、参加費1万円を考えると、コストパフォーマンスは低い、ですから、本番で1万円の元を取り返そうとすると、事前準備、予習が要りまさあ。